コンジャバン(콩자반) -- 受験生のお弁当おかずに最高!黒豆甘い煮

韓サモプレミアム教室のご案内

コンジャバン(콩자반) -- 受験生のお弁当おかずに最高!黒豆甘い煮




    (1人前)
  • 黒豆 -- 200g
  • ミックスクルミ -ー 50g 

    •  



    A。豆の水漬け。(6時間)
  • 水 -- たっぷり(写真参上)
  •  

    B。コンジャバンの味付け
  • 水 -- 500ml 
  • 醤油 -- 大さじ5 
  • 水あめ(韓国産)-- 大さじ6 
  • 三温糖 -- 大さじ2 
  • オリーブオイル(サラダ油) -- 大さじ1 
  • いりゴマ-- 少々 


コンジャバン(콩자반)について 


コンジャバンは韓国の定番の家庭のおかずです。
お弁当時代だった私の世代では誰もがおかず箱に
入ってた記憶があるでしょうね。

受験勉強をする韓国では硬いものが頭にいいと
言われています。
硬いものを噛む事で脳の働きがよくなるっと思ってます。
うちでもお母さんはコンジャバンはよく作ってました。

家庭によって硬さは違いましたが、うちは結構硬かったですね。
夜中に勉強をしながら、口が寂しい時に、
お菓子のようにコンジャバン噛みながら勉強をしました。

今はいろんなクルミを入れて、もっと栄養を考えるようになった
コンジャバンはうちでもよく作るおかずです。
子供が小さくて、少しやらわかめに作りますが、それでも
十分歯応えがあって、ご飯と一緒によく食べてくれます。

日常生活にあまり食べれない、黒豆やクルミをおかずとして、
食べるのことはとても嬉しいことです。
硬いものをよく噛むことはまた歯にもすごく大事なことで
丈夫にしてくれますよね。


是非!日本産の黒豆で作ってみてください。
常備食として子供にも大人にもぴったりなおかずです。^^



コンジャバン(콩자반)の作り方 



1.材料です。
❤国産買いましょうね!!日本の黒豆は固さもよく味も良いです~


2.水たっぷり入れたボルに豆を入れて、6~7時間水につけておきます。
❤結構大きく豆も膨らむので水がたっぷり入れましょう。


3.6~7時間経つとこんなに膨らんできます。
❤水の上まで上がってきます。

❤最初の豆の大きさより、3倍ほど大きくなってます。^^


4.しっかり水を切ったら、豆がつかるほどの水とオリーブオイルを入れてゆでます。
❤水は500ml入れましたが鍋によって量が変る場合はあります。つかるほど!入れましょう
❤オリープオイルを入れることで柔らかくなります。
★蓋を開けてゆでます。蓋を閉めると豆の特有のにおいが出ます。


5.水が1/3ぐらいに無くなったら味付けをしてさらに煮ます。
❤このぐらいの水で味付けをしましょう。

❤砂糖は最初に入れると少し硬めに、後で入るとと柔らかめになります。

6.20分ほど弱火で煮ます。
❤このぐらい汁がなくなるとそろそろ完成ですね。


7.知るがほとんど無くなったら、ミックスクルミとごまをたっぷりかけます。
❤受験生にはとても良いおかずになりますよね~

❤ゴマもたっぷりかけます。汁は大さじの2ほどの残れば良いと思います。


8.出来上がりです。
❤冷めても美味しい味で、お弁当のおかずにはぴったりです。
❤冷蔵庫に保管してください。


❤食べる前には全体的に混ぜてつやが出るようにしましょうね。


❤毎日豆とクルミを食べること嬉しいこととですよね
❤特に女性の方は毎日クルミ食べていただきたいですね。



 ヨンジョンの「食卓丸ごと」韓国料理でごちそうレシピ 絶賛発売中! 

食卓丸ごと韓国料理で
ごちそうレシピ
うん!まずは
白菜キムチ作ろう
韓国料理
「韓国料理店に負けないレシピ」スポンサーリンク

トラックバック & コメント

Trackback URL for this post:

Trackback(s)

Comment(s)

  1. 林田 晶子 より:
    これって…日本の黒豆の進化系のようなお料理ですねぇ。しかも、甘味は控えめで、ビタミンE(老化防止ビタミン)や脳に良いナッツがたんまりと入っていて、素晴らしいなぁ。
    私は、中医薬膳(韓方も基本の考え方は、中医です)を勉強していますが、黒豆はとくに冬の食べ物で、腎を強くするので、老化防止によく使われます。
    日常生活の中で何気なく、薬膳をしている韓国料理の奥深さに脱帽です。
    • ヨンジョン@韓国料理店に負けないレシピ より:
      林田 晶子さんへ。

      コンジャンバンのことを皆さんがとても魅力を感じるように
      説明してくださって感激してます。
      ありがとうございます!!

      学生時代にはよく食べさせられました。
      私だけではなく。どの家庭でもお弁当おかずで
      常連のコンジャバンでした。

      里帰りをすると母は日本から来た孫達のためにも
      よく作ってくれて、お陰でうちの子供たちは韓国の
      コンジャバンがとても親しみなおかずです。

      最近薬膳の料理関心があって、ブログを見たりしてます。
      韓国料理って知恵がとても隠れてる料理だなと思い始めたのは
      自分が料理をするようになってから、
      子供のために考えるようになってからです。

      これからも子供達が食べれる韓国料理を紹介したくなりました。^^
      ありがとうございました。
  2. ともこ より:
    ヨンジョンさんへ

    こんばんは。
    これ、癖になります。
    ほんのり甘くて醤油の味、そこにミックスナッツの香ばしさ。
    とても美味しいです。
    早速作りました(^_^)v
    ただ、日本の甘い黒豆煮を食べ慣れているせいか息子からは
    醤油を入れないで欲しいとリクエストがあったので
    先程作った時に、砂糖と水飴だけで仕上げました。
    飴のように絡めてバットに流し入れて固めたら、これはもうクロッカンテ(イタリア語でカリカリを意味するお菓子)です(笑)
    別物になっておやつですわ(^_^)
    白ごまもたっぷり混ぜ込んじゃいました。
    ごまがじょりじょりと良い感じの歯ごたえです。
    次回はドライフルーツも入れてもっとお菓子にしてみます(^_^)vハハハ

    ともこより
    • ヨンジョン@韓国料理店に負けないレシピ より:
      ともこさんへ。

      知子さん忙しい仲、コメントありがとうございます!
      うれしいです。
      コンジャバンそうですね。
      うちの子供は逆に韓国のコンジャバンのほうになれていて、
      日本の豆を甘く感じてました。
      私はどっちも大好きです。

      コンジャバンは自分のためにも作ってます。
      いつも昼ごはんも一人で、やっぱり麺やパンが多くなるので、
      ご飯じゃなくてもクルミと豆を取りなくて、食べてます。

      ともこさんも食べてくださいね!

      韓国でももっと固い水あめや砂糖で硬くする家庭も多いです。
      うちの実家も結構硬かったです。
      今は主人も子供にも食べさせたくて韓国みたいに固くしませんけど、
      硬くしたいですね~^^

      イタリアのお菓子食べてみたいですね。
      美味しそうです。硬いお菓子ということが魅力的です。
      クッロカンテって言うんですね。なんとなく
      硬そう~~~という発音でした。--
      「カンテ」を強く発音すると、、^^

      硬いものが好きな私はお菓子や果物も硬いものが好きです。
      かりんと、好きです。^^
      硬いりんごや硬い梨、柿、逆にメロンはそんなに好きではなかったり、
      硬いのが好きですからね^^。


      ドライフルーツ面白いですね。
      主人がおかずや料理に果物が入ってるのが、苦手で、、(例サラダに少しのクレープフルツを入れたり、
      韓国風酢豚にはパインアップルがありますが、、すごく違和感を感じるそうです。)
      うちには出来ません。
      感想聞かせてくださいね。
  3. より:
    これ、食べたかったんです。
    嬉しい♪
    作りますっ!
    このレシピの豆のゆで時間は?火加減は?

    時間短縮で圧力鍋を使用したいんですが、、、オトセヨ?
    • ヨンジョン@韓国料理店に負けないレシピ より:
      みさん!へ。

      おはようございます。
      みさんが作りたかった味だった出嬉しいですね。
      作ってみてください。
      200gは結構量がありますので、最初は100gでも良いかもしれないですね。^^

      水に付けておくのは6^7時間です。
      茹で時間は30~40だった気がします。
      水が1/3ほどなくなってから食べるとある程度若干芯が残ってる幹事でした。
      そこで味付けをして、20分ほどでしたね。
      やってみてください。
      圧力鍋良いでしょうね!!
      • より:
        圧力鍋を使って作りましたよ~。

        柔らかくなりすぎたら、どないしょうかと心配でしたが、大丈夫でしたー^^。

        みりん入れなくても水あめで、艶やかな仕上がりでした。
        クルミとアーモンドが「いい仕事」してくれてはりますね。
        韓国料理店でもよく出されるバンチャンですが、ナッツは高いから、絶対に入っていませんよねぇ。
        このコンジャバンは、正にヨンジジュン風でチョアヨ!
        • ヨンジョン@韓国料理店に負けないレシピ より:
          みさんへ。
          圧力鍋で成功ですね!結構豆は時間がかかりますので、
          圧力鍋ナイス!!でしたよ
          水あめをたっぷり入れても韓国の水あめは甘さが弱いので、
          砂糖と蜂蜜なら半分の量でだいじょうぶです。
          艶が出て、常備食のバンチャンには 最高です。


          笑ってしまいました!!そうそう。
          食堂でも絶対にアーモンド入ってないですからね!!
          家では贅沢に豆に取れないクルミを入れましょうね!!
          褒めてくださってありがとうございます!!
  4. のんきゅ より:
    韓国の幼稚園の給食でよく出ていて息子の大好物だったことを思い出しさっそく作りました~案の定息子は大喜びで一生懸命たべています。
    ありがとうございます~ヨンジョンさん!^^

    それとタットリタン、今まで何回も作りましたがヨンジョンさんレシピが最高に美味しかったです。

    これからも楽しみにしてます~^^

    今夜はセンチェビビンパプです~
    • ヨンジョン@韓国料理店に負けないレシピ より:
      のんきゅさんへ・

      こちらこそ!ありがとうございます!のんきゅさん^^
      嬉しいですね。
      息子さんが美味しく食べてくれると本当にニコニコできますよね。
      うちの子供たちも里帰りをした時に食べたので、よく食べてくれます。

      眞味の料理をとても楽しく作ってくださるので、私こそ、元気が出ます。
      最高です。^^

      これからもお互いに息子の成長を楽しみながら、
      料理頑張りましょうね!

      センチェビビンバ良いですね!^^
  5. 千代 より:
    ヨンジョンさん、こんにちは。
    先日、チヂミでコメントさせていただいた千代です。
    ご返信ありがとうございました。嬉しかったです。
    時間をかけてじっくり焼いたら大成功!しました。
    粉の違いではなかったんですね。

    今回は次のおせち料理には絶対作ろうと
    ずっと決めていたコンジャパンを作りました。
    なんと、なんと、家族や友人に大好評です。
    お正月がくる前になくなりそうです。
    いつもの黒豆煮よりもこれからはコンジャパンにしてくれと
    リクエストされました。
    ちょっと奮発してナッツもたくさん入れたので
    とっても豪華です。
    お正月だけじゃなく、これからはいつものおかずに
    ちょくちょく作りますね。
    黒豆ってこんな食べ方もあるんだと思うとなんだか嬉しくなりました。

    サイダーで漬けるカクテキも美味しくできました。
    ありがとうございました。

    お正月休みはゆっくりヨンジョンさんのレシピを作って
    楽しみます。
    • ヨンジョン@韓国料理店に負けないレシピ より:
      千代さん!

      いつも楽しく眞味の料理を作ってくださり、忙しい中、
      いつも暖かいコメントを送ってくださって、ありがとうございます!!
      また最後の年末に嬉しいコメントで、涙が出そうですよ~~

      チヂミが正月に出るとまた一つ小さな盛り上がりになりますね。
      美味しくサクサク出来た千代さんのチヂミは皆さんがとても
      美味しく食べる風景を想像するだけで、優しいおばさんのように
      微笑んでしまう私です。

      コンジャバン好評で私も嬉しくなりました!!
      コンジャバン是非!普通の日でも作って食べるようにしたいですね。
      アーモンドやクルミを入れて栄養おかずとしても良いですよね。

      正月でもそうですね!良いですよね!
      私も早速作ります。思い込んで正月用の黒豆も買うつもりでいましたが、
      家になるもので食べやすく作ったほうがいいですよね。丁度黒豆もあります。
      ありがとうございます!!^^

      今年も今日で終わりですね。
      ご縁があって、こんなに嬉しくお話をさせて頂きありがとうございました。
      来年も千代さんと出来る料理が多くなるようにしたいと思います。
      どうぞ、よろしくお願いします。


コメントを投稿する


»
«