ゴップチャンボクム -- ホルモン炒め

韓サモプレミアム教室のご案内

ゴップチャンボクム -- ホルモン炒め
















    2人前
  • 牛ホルモン -- 300g 
  • 玉ねぎ -- 中1/2(80g)
  • キャベツ -- 150g
  • にんじん -- 40g
  • ネギ -- 1/2個本
  • 舞茸 -- 90g
  • トッポキ --10個



     A。ホルモンを茹でる時の味付け
  • 料理酒 -- 大さじ1
  • 醤油 -- 大さじ1 

     B。ホルモンを炒める時のの味付け
  • とんがらし -- 大さじ2
  • コチュジャン -- 大さじ2
  • 水あめ -- 大さじ1
  • お酒 -- 大さじ1
  • ごま油 -- 大さじ1
  • みりん -- 大さじ2
  • 醤油 -- 大さじ2
  • ごま油 -- 大さじ1
  • にんにくおろし -- 6片
  • しょうがおろし -- 10g 
  • 胡椒 -- 少々 
  • ダシダ -- 小さじ1
  • えごま粉 -- 小さじ1
  • (えごま粉は香辛料のような調味料でとてもこばしい香りが食欲を注ぎます。
    こちらのページでご紹介しています。
    ヨンジョンレシピでよく使う調味料など

 ゴップチャンボクム について 

日本の笑顔を戻すことは小さな私たちの力かもしれません。
日本の野菜を食べよう!


・ゴップチャン-- ホルモン(곱창)
・ボックム -- 炒め(볶음)

ゴップチャンボクムは韓国の男性の永遠のお酒のパートナーみたいなものです。
とこに行ってもゴップチャンボクム店は焼肉店のようにすぐ見つかるもので
とこでも人が込んでるほど人気が高いです。
日本でもホルモン焼き専門店が出るほど人気がありますよね。

韓国は日本と違ってホルモンが丸ごとそのままの形で出るので
最初に韓国で食べる日本の方なら少し戸惑いがあるかと思います。

実際、主人もホルモンが好きなのに韓国の屋台で出たパイプのような
生々しいホルモンを見て食べれないって言いながら引いたことがあります。^-^

ゴップチャンボクムはとにかく沢山の野菜と食べることでホルモンのもちもち感と
油の甘みそれに野菜のまろやかさが完璧に調和されてタックガルビと同じく
庶民の味方のご馳走です。

ホルモン焼きが家でも韓国の本場の味が楽しめるので
是非お酒と一緒に楽しんでください。元気を出してまた笑顔を出して動きましょう!
きっと日本の全国に皆さんの元気が回ります。
頑張れ日本!!!!


 ゴップチャンボクムの作り方 

1.ホルモンは油が少ないものを用意しました。
❤ホルモンの脂肪の量はお好みで選んでください。









2.ホルモンを青ネギとお酒を大さじ2醤油大さじ1を入れて10分ほど煮込みます。






3.ホルモンを取り出して冷まして置きます。









4.玉ねぎ、にんじん、キャベツを写真のように食べやすく切っておきます。









↓❤キャベツは四角にカットします。









5.味付けを作っておきます。









6.フライパンに舞茸を除く野菜を入れてよく炒めます。野菜に火が通ってきたら
ホルモンと味付けを入れて中火で炒めます。























7.よく炒めてきたら最後に舞茸とデュルケガル(えごま粉)を入れて
さっと火を通してください。 香りが独特でとてもホルモンと合います。
❤デュルケガル(えごま粉)をいれなくても美味しくいただけます。


















8.出来上がりです!
❤お酒が進みます^-^











 ヨンジョンの「食卓丸ごと」韓国料理でごちそうレシピ 絶賛発売中! 

食卓丸ごと韓国料理で
ごちそうレシピ
うん!まずは
白菜キムチ作ろう
韓国料理
「韓国料理店に負けないレシピ」スポンサーリンク

トラックバック & コメント

Trackback URL for this post:

Trackback(s)

Comment(s)

  1. ティナ より:
    初めまして、いつもレシピを参考にしてます。
    美味しそうなレシピがいっぱいで、家族にも好評です。
    ゴップチャンボクム、作ってみました。
    あまりにも美味しいので、一週間に二回も作りました。
    私も娘も、日本人なのに生々しいホルモンが好きなんですよ~
    これからも、美味しいレシピを楽しみにしています。

    実は、本を見ながらキムチ作りも挑戦しています。
    最初は難しかったけど、自分なりにアレンジして作れるようになってきました。
    これからは、ヨンジョンさんのレシピを参考にしたいと思います。
    • ヨンジョン@韓国料理店に負けないレシピ より:
      ティナさんへ。

      おはようございます。返事がが遅くなりました。すみません。
      始めまして、「真味」のキムヨンジョンと申します。いつも見て頂いてありがとうございます。
      やっぱり嬉しいですね。^-^
      ゴップチャンボクムに初めてコメントが来たこともとても嬉しくて、あまり「真味」を見ていただく
      真味家族の皆さんには慣れない料理かもしれないと思ってました。
      思いながら、きっとこの美味しさが分かる日が来ると思いました。^-^
      ホルモンは女性に良いって言われてますよね。よくカムごとで歯にも良いですよ~
      味は辛くなかったですか?
      うちのとんがらしは結構か辛いものでそれでも本場の味として控えめなしでそのまま、ありのままのせていますが、
      辛さは調節してくださいlね・
      良いですね~娘さんと一緒に料理を楽しめたりしてうらやましいです~~

      キムチまで作っるなんてすごいですね。
      そうですね。私も最初からキムチが作れたわけではないです。
      何回か失敗してその失敗の感じをお母さんに言ってそこでアドバイスをもらい
      何回か作って里帰りをしてお母さんのキムチ作りの分量を見てすごく納得したり、本当に少しの差が味の左右されることで
      びっくりでした。帰って来てまたづくってまたなるほど、、、という少しずつの勉強で自分流のキムチ作ってます。
      ティナさんも作るうちに自分のキムチ哲学が出来てくると思います。楽しみ
      私ももう少しメーニュが増えてきたらキムチを一緒に作りたいともいます。
      四季節のそれぞれのキムチを真味の家族と一緒に作って行くのがもう一つの
      目標です。まだ自分も勉強ですね。^-^
      また よろしくお願いします。
      始めの返事が長くてすみません~実は、、真味ママっておしゃべりなんですよ。
  2. ティナ より:
    ヨンジョンさん、こんばんは☆
    また遊びにきました、ティナです。

    今日は、サンギョプサルと大好きな豆もやしのナムルを作ります。
    ヨンジョンさんが気にしていた辛さは、全然大丈夫でしたよ。

    私が子供の時、父の仕事の関係上在日の方と親しくしていました。
    だから、子供の時から韓国の味に親しんできました。
    両親が30年前に、韓国旅行に行ったときのお土産の螺鈿細工の小物入れは今でも私の宝物です。

    ヨンジョンさんに質問なんですが、私はいつも中挽きの唐辛子を使っているのですが、料理の種類によって変えた方がいいのですか?
    • ヨンジョン@韓国料理店に負けないレシピ より:
      ティナさんへ。
      こんにちは^-^
      いつも本当にありがとうございます。
      そうですか?小さいごろから韓国料理や韓国人との交流がありましたね。
      30年前のお土産をいまだに大事にしてることはなかなか難しいと思いますがすごいです。

      とんがらしは中挽きの唐辛子のもので良いと思います。変える必要はありません。^-^
      辛さがしっかり出れば良いし、中挽きの唐辛子はチゲやキムチムチム(和え物)モノなどいろんな所で
      一番使われてると思います。
      また韓国料理や材料、調味料のことで気になることがありましたらいつでもノックしてください。^-^
  3. りょうこ より:
    先生お久しぶりです
    以前ケジャンのときに質問した
    リョウコです
    今回も質問ですが
    ホルモンはゆでないで
    そのまま炒めてもいいのですか?

    あと茹でて半分残して次の日にまた
    使っても問題ないですか?
    • ヨンジョン@韓国料理店に負けないレシピ より:
      りょうこさんへ。


      こんにちわ。お久しぶりです。
      早速ホルモンの事ですが、ホルモン焼きはゆでなくてもいいですが、
      歯応えがしっかりしてるので、きになるなら、一回茹でてもいいかもしれないですね。

      勿論です!!
      次の日に使っても大丈夫でしょう!!^^


コメントを投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


»
«