ごぼうキムチのレシピ -- ウウォンキムチ(우엉김치) の作り方

韓サモプレミアム教室のご案内

ごぼうキムチのレシピ -- ウウォンキムチ(우엉김치) の作り方

a1784

jj781
  • ごぼう-- 大1個(120g) 
  • 万能ネギ -- 適宜 

    •  


11月から韓国料理教室「韓サモ」hansamoが大幅にリニューアルします。
「エンジョイコース」が新設され、「レギューラコース」・「プレミアムコース」の
3つコースとなります。

その他、「開催月」や「レシピ」などもリニューアルし、
「プレミアムコース」も含めて、どのコースも初めての方が参加できるようになります。


教室の詳しい変更内容や日程、レシピなどはこちら
(まだ、装飾がすんでなくて、地味な感じです。ご了承ください^^;)

  • 唐辛子粉ーー 大さじ1
  • カナリエキス -- 大さじ1/2
  • 蜂蜜 ーー 大さじ1/2
  • にんにくおろし -- 小さじ1/2
  • キムチのり -- 小さじ1と1/2
ヨンジョンレシピでよく使う調味料など

ウウォンキムチ(우엉김치)について 


ウウォン(우엉) -- ごぼう
ムチム(김치) --  キムチ


ゴボウキムチ、サラダのように発酵せずに漬けてすぐに
食べれるキムチです。

韓国より日本のほうがごぼうをよく食べてます。
ごぼうを鍋に入れたり、和えたり、ゴボウご飯としても
幅広く愛されてる食材ですよね。

私は個人的にはきんぴらごぼうが大好きでよく作ってます。

主人と二人だと立派な太くて長いごぼう2本をきんぴらに
全部作ると食べきれないので、
その時には一本を取っておいて、
『ごぼうコチュジャン和え』や
この『ごぼうキムチ』を作ります。

韓国でもポピューラではないです。
どっちかと言えば、きんぴらごぼうをよく作ります(笑)

ごぼうキムチは、韓国に行った時に
1番目のお姉さんが作ってくれた事がきっかけでした。
(お姉さんは義母に教えてもらったそうです。)

家族畑を持ってるほど野菜中心の食生活を楽しんでる家族です。
お姉さんの家には行くといつもベランダには野菜が沢山干してあります。

ごぼうは噛む食感と噛めば噛むほど香りが出て口の中が
ごぼう畑ですよね。^^

新しくサラダのように楽しめる、ごぼうキムチは
音も楽しめて漬けたてだと思えない濃厚さが魅力的なキムチです。

簡単に作れてさっと食べれるので、少なめに作って楽しんでます。
皆さん是非!作ってみてください。

お口に合うなら3本ほど作って1週間美味しく食べるのもいいです。

ご飯にももちろんそのまま食べても、、止まらない
ごぼうキムチです。^^

ウウォンキムチ(우엉김치)の作り方 


1.ごぼうです。
❤まっすぐで太さも丁度いい物です^^
IMG_1713

2.皮を剥いて0.5センチの斜め切りをして酢を入れた水に付けておきます。
❤普通の水でも大丈夫です。
IMG_1770

3.キムチのりを作ります。
❤残りは冷凍して置いて使います。
❤キムチのりは100ml水にもち米大さじ1を入れてとろみをつけます。


・こんな感じで


4.塩を入れた水を沸かしてその中にごぼうを入れて30秒ほどさっと茹でます。
❤柔らかくなると美味しくないですので、さっと茹でます。
IMG_1772

5.ザルに取り出してそのまま少し冷まします。
IMG_1774

6.刻んだ小ネギを入れたボールにごぼうと味付けを入れて和えます。
❤キムチのりを入れることで材料がよく混ぜあって、コクが出る味になります。
❤ない時には、入れなくてもさっぱりしておいしいです。
IMG_1775
❤唐辛子粉の色が写真のように綺麗になるまで優しく混ぜます。
IMG_1777

7.いりごまをかけます。
IMG_1778

8.完成です。
IMG_1789
❤そのまま食べてごぼうの香りと、味付けがとても合います。^^
焼酎に合いますね。^^
IMG_1787

❤ご飯のおかずにもまた新鮮なおかず追加ですね。


<追伸> ブログには書ききれない「細かいポイント」や「より美味しくなるコツ」を
メールマガジン『ヨンジョンの韓国料理のコツのコツ』でお話ししています^^
プレゼント「チヂミの作り方 裏技小冊子」もついています!
present2.0

 ヨンジョンの「食卓丸ごと」韓国料理でごちそうレシピ 絶賛発売中! 

食卓丸ごと韓国料理で
ごちそうレシピ
うん!まずは
白菜キムチ作ろう
韓国料理

コメント(0)| メニュー分類: 06 キムチ類

「韓国料理店に負けないレシピ」スポンサーリンク

トラックバック & コメント

Trackback URL for this post:

コメントを投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


»
«