ゆず茶作り方とレシピ–ユジャチャ(유자차)

韓サモプレミアム教室のご案内

ゆず茶作り方とレシピ–ユジャチャ(유자차)

IMG_6058

20131217_120643
  • ゆず皮 -- 500g 
  • 蜂蜜 --  500g 

    •  



ユジャチャ(유자차)  について 

・ユジャ(유자)  -- ゆず
・チャ(차)   -- 茶


今年もわずかですね。
今年も家族みんな健康で暮らせること、感謝したいです。

韓国の風邪予防のお茶と言えば?
『ゆず茶!!』って皆さんのほうがもっと早く答えそうですね。

もうブログを初めて4年になってます。
変らず、韓国料理を愛してくださる『眞味』の皆さん!
今年も良い年でしたか?^^

12月の教室で皆さんから沢山の自家製の果物を
頂きました。
その中で小さくて柔らかい香りが~いい。ゆずを沢山頂きました。^^
庭で取れた柿もとても美味しかったです。リンゴも!
20131212_183427

ゆず茶は皆さんもよく飲まれてる韓国の茶だと思います。
言うこともなく体にとても優しいお茶で
冬になるとどこの家庭でも作るわけではないですが、
田舎から届いて作る家庭も少なくないです。

自然のままで漬けると優しい自然に香るゆずの香りが
心身をリラックスさせてくれる気がします。

ゆず茶の効能では、
風邪予防
高血圧、低血圧予防。
疲労回復。
消化促進。
など寒い冬にはとてもいいゆず茶です。


家でも簡単に作れて2週間ほど熟成させれば飲めるので
日本の質のいいゆずで作ってみるのかいかがですか?

ユジャチャ(유자차) の作り方 

1.頂いたゆずはしっかり拭いて、酢(大さじ2)を入れた水(2L)に1時間ほど付けておきます。
❤ゆずは酢の水で付残農薬が取れます。
2013-12-15-10-32-45_deco

2.1時間ほど時間が経ったら流水にキレイにもう一回洗って
ふきんで水がないように丁寧に拭きます。
❤水が付いているとカビが出来やすいいです。


4.写真のように実と種をを出して分けて、果皮の内側にある白い筋(アルベド)を綺麗に取ります。
❤身に付いてる白い筋と種を取らないと、ゆず茶が苦くなります。
実の白い所を取りましょう!

こんなに分けましょう~実が綺麗な黄色に変身!
IMG_6010IMG_6011
5.実の種をすべて出して、実を細かくカットします。
IMG_6014
❤実は汁が出るので、ボウルでハサミでした方が楽です!
IMG_6012


6.皮は細切りして実の所に入れます。
IMG_6015


7.蜂蜜を入れてよく混ぜます。
❤保存を長くしたいなら砂糖でつけたほうがいいですが、家族の健康を
考えて今年の冬だけ頂ける分で少しつけて100%蜂蜜に!
IMG_6016

8.瓶をよく消毒して、水気をしっかり拭いて、混ぜたゆずを入れます。
❤瓶は果実酒用のお酒で拭いてもいいです。
IMG_6019
9.瓶につめたら、少し上のほうに
すき間があったので30分ほど逆さにしました。空気がなくなります。
❤ギュギュ入った方はこの作業は要らないですよ~
20131217_120658
❤砂糖でつけた方は、5日間常温にしてから冷蔵庫で20日間熟成させてください。
❤ヨンジョンのように蜂蜜なら、2日間だけ常温で冷蔵庫に早めに入れましょう!
20131217_120643
❤2週間以上経つととろみが良い感じですよ~


10.早起きして、寒い朝でもまずゆず茶を入れて飲むとすぐに温まります。
毎日飲む事で朝の目覚めがスッキリすることに気づきました。
ビタミン固まりの『ゆず茶』が疲れがきっと取ってくれます。^^
ぜひ皆さんも家庭で簡単に出来るきれいなゆず茶作ってみてください。

❤お湯を注ぐとゆず茶の香りが広がって心が落ち着きます。

❤正月の餅を焼いて食べながら飲んでもとても合いました。^-^


 ヨンジョンの「食卓丸ごと」韓国料理でごちそうレシピ 絶賛発売中! 

食卓丸ごと韓国料理で
ごちそうレシピ
うん!まずは
白菜キムチ作ろう
韓国料理

コメント(2)| メニュー分類: 18 デザート・お茶

「韓国料理店に負けないレシピ」スポンサーリンク

トラックバック & コメント

Trackback URL for this post:

Trackback(s)

Comment(s)

  1. たんたんあ より:
    先日、タッカンジョンの時にコメントさせて頂いたたんたんあです
    先月末に無事女の子を出産し、最近ようやくまたいろいろなお料理を作る気力が出てきました。

    出産以降、買い物に行くのがなかなかキツいため実家の母が野菜を送ってくれます。
    先日も大量に届いたのですが、ゆずの使い道がなくて困ってました。
    和食ではサトイモを煮たときの香りづけくらいにしか使ったことがなかったので…
    まさにこのレシピ、超タイムリーでありがたかったです。
    ゆず茶ってマーマレード作るみたいに皮を煮込んで作るのかと思ってました。
    ハチミツに漬けるだけというのも簡単で嬉しいです。

    母が送ってきた野菜で、いろいろなキムチも作ってみました。
    小松菜やキャベツのキムチが主人にも好評でした。
    しばらくは産休中で時間に余裕があるのでいろいろ挑戦したいと思ってます。
    今日は初めてかぼちゃ粥を作りまーす。
    • ヨンジョン@韓国料理店に負けないレシピ より:
      たんたんあさん!

      おめでとうございます!!
      嬉しいメッセージが届いてるのに、返事が遅くなって
      大変申し訳ございませんでした。

      おめでとう!!!きゃ~~~出産の言葉だけでも
      すごく嬉しくなりました。
      女の子で可愛いでしょうね~~
      これからはより愛情たっぷりの料理をするようになると思います。

      ゆず茶はこれから風邪予防にもなるので
      お勧めしたいです。
      慣れない育児で不安もあると思いますが、その時に、
      一杯の余裕を持つ事が大事だと思います。
      一杯のゆず茶でまた家事も育児も楽しく出来ると思います。
      沢山漬けてご両親様にも送るといいですね。

      私も冷蔵庫のゆず茶を見るとほっとします。
      美味しいし、蜂蜜で漬ける事で体にも嬉しい。^^
      子供にも学校から帰って来ると、入れてます。

      キムチも美味しく出来ましたね。
      ご主人さんも毎日キムチがある暮らしをしてるので、
      きっと今年の風邪はないでしょう!!
      韓国では母乳でもキムチを食べてますので
      食べたい時には我慢しない食べてくださいね。

      かぼちゃお粥は子供の離乳食でもとても良くて、
      うちの子供たちにもよく食べさせてました。
      (まだまだ早い話ですけどね。)
      御粥の中にお団子ような餅を入れても美味しいと思います。
      韓国ではクルミ(ひまわりの種)なども入れて
      栄養のバランス取りながら体つくりもしてます。

      産休で少し時間があると仰ってますが、
      すごいと思います。(子育てだけでもあまり余裕ないですもの。)
      その時間をまた家族の料理時間として、楽しんでるたんたんあさんは
      素敵な女性ですね。

      ヨンジョンも見習わなくちゃ!

      たんたんあさん!今年もわずかになりました。
      今年はたんたんあさんのご家族のとってはとても
      特別な一年になりましたね。

      来年も一緒に韓国料理楽しみましょうね。
      良いお年をお迎えください。


コメントを投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


»
«