チャパゲティ チャジャン麺 -- インスタントラーメンが本格的ジャジャン麺に変身!

YouTubeチャンネルヨンジョンの本格韓国料理のご案内 人気料理教室の美味しいコツが学べる登録無料のメルマガ

チャパゲティ チャジャン麺 -- インスタントラーメンが本格的ジャジャン麺に変身!


  • ジャパゲティ -- 2袋
  • じゃが芋 -- 40g
  • 玉ねぎ -- 40g
  • カジキ 又は 肉 ―― 40g
  • キャベツ -- 40g
  • ゆで卵 -- 1個
  • 千切り胡瓜 -- 適宜


  • 水 -- 100ml
  • サラダ油 -- 大さじ2
  • 片栗粉水 -- 大さじ1/2
  • 刻み生姜 -- 小さじ1/3
いいね!チャンネル登録^^よろしくお願いいたします

チャパゲティ 本格チャジャン麺に変身レシピ

韓国人なら誰もが好きなチャジャン麺です。
出前の王様は100年ずっとチャジャン麺でしょう (笑)

5人の娘が居ると、なかなか出前のチャジャン麺は気がるいに食べれませんでした。
お父さんの給料日はお母さんと5人娘はお父さんと駅で待ち合わせをするのが
本当に本当に心から待つ日です。

週末には、チャジャン麺が大好きな娘たちにお父さんが
チャパゲティで手前のチャジャン麺を作ってくれました。
私が小さい頃もチャパゲティがあったのでチャパゲティは、
何十年も変わらずに韓国のチャジャン麺文化を盛り上げてます。

今ははっきり覚えてます。
お父さんが野菜を沢山炒めながらチャパゲティの粉末スープを入れて
目分量で水を入れて具を増やして、とろみをつけて、、
たぶん、、韓国でこれを作ってるお父さんが家のお父さんしか
ないはず!だと今も思ってます。

安いインスタントラーメンを豪華に変身させることが得意だった
お父さん、

日本の家族にこの魔法のチャジャン麺は数えきれないほど作りました。
主人も韓国のチャジャン麺を知りながらも大満足する
チャパゲティ変身チャジャン麺!

今度は皆さんの食卓で魔法をかけてみてください。

チャパゲティ 本格チャジャン麺に変身レシピ 作り方

◆韓国で初めて出たインスタントチャジャン麺今でも人気No1です!!
◆韓国人も知らない!本格的チャジャン麺に変わるチャパゲティ!


1.野菜は小さなサイコロカットにします。
◆ズッキーニもよく入れてます。
◆挽肉も良い
キャベツ(白菜) じゃが芋

玉ねぎと生姜(生姜は入れなくても大丈夫)

カジキも美味しいですよ!◆カレー用の豚肉や牛肉も良い


2.玉ねぎ以外の野菜を炒めて、1分後玉ねぎも入れます。
玉ねぎは半生でも美味しいです


3.じゃが芋に火が通ったら水100mlと粉末スープを入れてよく混ぜます。



4.ふっとしたら片栗粉水を少しずつたらしながらとろみを付けます。

◆チャジャン麺のタレが出来上がり!


5.麺が茹で上がったら熱いまま取り出して 麺油をかけます。

◆さらにオリーブオイルがあれば小さじ1ほどもっと入れて混ぜてください。
滑らかでより美味しく食べれます。


6.盛り付けてみます。^^
胡瓜を入れる事でさっぱりした味にります。


◆うずら卵もよく入れてます。


◆チャジャン麺に、欠かせないたくあん 😄 
酢をたっぷりかけて召し上がると食欲がより出ます


◆酸っぱいキムチも合う!

◆麺がほぼ終わった、もちろん、チャジャンバップします!
ご飯と混ぜて食べるのも手番です。

◆別腹です!是非ご飯入れて見て下さい。

◆キムチのせて食べるのも好き!

◆皆さんもきっとはまるはず!😄




世界とこでも見られる!ヨンジョンの『本場の白菜キムチ・ポッサム・トックの作り方 レシピ講習」始まりました。
→ https://www.udemy.com/bvktdwbi/?couponCode=KIMCHI02
(このページでは割引が適用されています)

<追伸> ブログには書ききれない「細かいポイント」や「より美味しくなるコツ」を
メールマガジン『ヨンジョンの韓国料理のコツのコツ』でお話ししています^^
プレゼント「チヂミの作り方 裏技小冊子」もついています!xxxxx
present2.0
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村

ヨンジョンの本格韓国料理 YouTubeチャンネル

YouTubeチャンネルヨンジョンの本格韓国料理のご案内

最新動画! 人気の動画

 ヨンジョンの「食卓丸ごと」韓国料理でごちそうレシピ 絶賛発売中! 

食卓丸ごと韓国料理で
ごちそうレシピ
うん!まずは
白菜キムチ作ろう
韓国料理

»
«


トラックバック & コメント

Trackback URL for this post:

コメントを投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


»
«